子宮鏡下検査・手術
子宮鏡下検査・手術
おかだウィメンズクリニック > 子宮鏡下検査・手術

子宮ファイバースコープによる子宮腔観察

月経の出血量が多い場合や月経以外の出血がある場合、あるいは不妊症や不育症の患者さんに対して、径の細い内視鏡(子宮ファイバースコープ)を使用して、子宮の内腔に子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの異常がないかを観察する検査です。
子宮鏡検査では直接子宮の中を観察できるので、より正確に診断することが出来ます。また子宮体癌や子宮内膜増殖症などの前癌病変の性状などを調べるためにこの検査を行うことがあります。
正常な子宮の内腔
子宮内膜ポリープ
子宮腔癒着
※選択的卵管通水
両側卵管の通過性が不良であると診断されている場合、子宮鏡下卵管通水検査(選択的卵管通水)を行うことがあります。これは子宮鏡で卵管の出口を観察して、細い管を卵管の中に挿入することにより、卵管閉塞状態の診断及び治療を行います。

子宮鏡下手術について

子宮鏡下子宮内膜ポリープ切除術

子宮内膜ポリープによる過多月経、不正性器出血がある患者さん、または内膜ポリープのある不妊症、不育症の患者さんに対して、子宮鏡(子宮の中を見るカメラ)で子宮腔を観察しながら、ポリープを切除する手術です。

一般的に行っている子宮内膜掻爬術によるポリープ切除に比較し、子宮鏡で観察しながらポリープを切除するので、取り残しはなく、処置が確実に行えます。

手術の準備として、子宮の入り口(子宮頸管)をカメラが入る大きさに広げるため、手術当日の午前中に、水分を含むと膨らむ器具を挿入します。頸管の広がりは一時的で自然に元に戻ります。

手術中の痛みは、一般的にごく軽度ですが、当院では静脈麻酔もしくは鎮痛・鎮静剤の点滴を行います。

手術後、出血がありますが、少量であることを確認して帰宅していただけます。
子宮内膜ポリープ切除

子宮鏡下子宮内膜焼灼術

マイクロ波子宮内膜アブレーション(Microwave Endometrial Ablation,MEA)

マイクロ波を子宮内に照射し、蛋白質が熱変性し、子宮内膜が凝固壊死することより、月経血量を減少させる治療です。 手術前に超音波検査あるいはMRIにより、子宮腔の形状及び子宮壁の厚さを確認し、マイクロ波照射位置を決めます。前述の通り、子宮の入り口を拡張した後、子宮鏡検査にて子宮腔の状態を確認し、直径4mmの金属管を子宮に挿入し、マイクロ波の照射により子宮内膜を加熱し壊死させます。照射中は腹壁に超音波検査装置をあて、金属管の位置を確認します。 機能性過多月経のように正常大の子宮の場合は、照射時間も十数分であるため、傍頚管ブロックという局所麻酔と静脈麻酔の併用で手術は可能です。 マイクロ波照射後に、もう一度子宮鏡検査を行い、子宮内膜の焼灼状態を確認します。 手術後は、子宮内膜の変性により、水様帯下が増加し、2週間程度続きます。外来通院で月経血が減少していることを確認していきます。

適応

機能性過多月経、過多月経症状のある子宮筋腫、子宮腺筋症の一部

手術の目的

マイクロ波を子宮内に照射し、子宮内膜を凝固壊死させることにより、月経血量を減少させる治療です。

手術の方法

あらかじめ、外来診察で、超音波検査あるいはMRIにより、子宮腔の形状及び子宮壁の厚さを確認しておきます。
手術の準備として、子宮の入り口(子宮頸管)をカメラが入る大きさに広げるため、手術当日の午前中に、水分を含むと膨らむ器具を挿入します。頸管の広がりは一時的で自然に元に戻ります。
午後、子宮鏡検査にて子宮腔の状態を確認した後、直径4mmの金属管を子宮に挿入し、マイクロ波の照射により子宮内膜を加熱し壊死させます。照射中は腹壁に超音波検査装置をあて、金属管の位置を確認します。マイクロ波照射後に、もう一度子宮鏡検査を行い、子宮内膜の焼灼状態を確認します。
機能性過多月経のように正常大の子宮の場合は、照射時間も十数分であるため、傍頚管ブロックという局所麻酔と静脈麻酔の併用で手術は可能です。夕方過ぎ、麻酔から覚醒し、出血、下腹部痛が軽度であることを確認して帰宅して頂きます。
手術後は、子宮内膜の変性により、水様帯下が増加し、2週間程度続きます。
月経血が減少していることをしばらく外来通院で確認していきます。
子宮内膜焼灼の効果を高めるために、術前に、偽閉経療法を行い、子宮内膜を薄くしたり、子宮筋腫、子宮腺筋症の大きさを縮小させることを考慮することもあります。

手術による合併症

細心の注意を図っても以下の合併症が起きる可能性があります。
(ア)
焼灼した子宮内膜が変性せず再生した場合など、月経量の改善がみられないことがあります。
(イ)
術後子宮内膜の癒着が起きるため、子宮体癌検査施行が困難になることがあります。また子宮頸管が癒着閉鎖することにより、月経血が子宮、卵管内に貯留し、下腹部痛の原因となることがあります。
(ウ)
術後、感染予防のため、抗生剤を投与しますが、薬が無効で子宮内や骨盤内の感染を引き起こす可能性があります。
(エ)
術中、金属管の挿入に伴う子宮壁の穿孔、腸管の熱損傷をおこす危険性があります。

手術費用

保険診療として行います。   
子宮鏡下子宮内膜焼灼術 約60,000円 (麻酔、処方費用を含む)

コルポスコピー

コルポスコープ診とは、膣拡大鏡(コルポスコープ)を膣内に挿入して、主に子宮頚部(子宮の膣に出ている部分)や膣壁を拡大して精密に観察する検査です。子宮頚部の細胞診で悪性病変の可能性が疑われる場合にコルポスコープ診をした上で、組織診(はさみのような器具を用い子宮頚部の組織を少量切除する検査)を施行します。
子宮膣部拡大(酢酸処理後)